Monthly Archives: 6月 2019

FEOEライブ終了!& 7/15ゲスト演奏

FEOEライブが無事に終了しました。7年ぶりという期間を感じさせない変わらぬお二人とともに、お二人のおかげで心地よいサウンドに包まれ 心穏やかに演奏できました。
客席には 以前と同じお顔がいくつも・・。久しぶりにお会いできお話しできて楽しいひと時でした。ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
今度は12/22(日)午後に、同じ「Grain」にてクリスマス・ライブの計画があります☆

さて、7/15(月・祝)には 金子健治さんクラスの発表会で今年もゲスト演奏に参加させて頂きます。最後の全員合奏はどなたでも参加できるので、ぜひリコーダーを持って聴きに&吹きにいらしてください。

{CAPTION}

{CAPTION}
{CAPTION}

FEOEライブ♫

今週末の6月30日(日)15:00〜高円寺「Grain」にて 、FEOE (フェオエ)が、オリジナルメンバーでライブをします。(なんと7年ぶり!)
※FEOE=Far East O’Carolan Ensembleの略。

17世紀にアイルランドで吟遊詩人として活躍したハープ奏者、O’Carolanの作品を中心とするアイリッシュと、坂上さんによる叙情的なオリジナルを演奏します。
美しい金属弦ハープの音色と素直で心地よいコード進行の坂上さん、優しい人柄が滲み出るようなステキなフィドルを奏でる中藤有花さんと、私のティン・ホイッスル(Low-C管からHigh-G管まで各種ホイッスル、ロー・ホイッスルを使用します)、3人で2時間弱のライブです。
よろしければぜひご来場下さい。{CAPTION}

東京リコーダーオーケストラ

今年、なんと約10年ぶりに 東京リコーダーオーケストラで演奏いたします。
このチラシは、以前お馴染みの懐かしのデザインで、仮のものです。もうじき本チラシもできあがります。
この10年の間に、リコーダー合奏では コントラバスリコーダーよりさらに1オクターブ低い音域のサブコントラバスリコーダーなどの活躍が目立つようになり、今回もその低音の魅力を含め 古典から現代までの幅広いレパートリーで、聴きどころいっぱいのプログラムとなっています。
演奏者によるチケット予約受付を開始しました。お早めのご連絡をお待ちしています。

{CAPTION}

iPhoneから送信

2019宮地楽器リコーダーフェア

またまた更新が滞ってしまいました。
毎日、元気に変わらずやっております♫
元気すぎる娘3歳と息子6歳に体力を奪われ、ドタバタ&クタクタです(^o^)

来月、恒例の宮地楽器リコーダーフェアが開催されます。初日7/5(金)の晩には、リコーダー四重奏でコンサートを行います。比較的 一般の方々にも馴染みやすい曲が並ぶプログラムで、入場無料です。宮地楽器へ要・申し込みで、受付開始は明後日6/3(月)となっています。(宮地楽器小金井店042-385-5585)

たくさんのリコーダーに触れられるできる良い機会なので、よろしければぜひお出かけ下さい。
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}